人事管理システムの選び方

人材管理は、エクセルでの管理が一般的でしたが、管理や運用が煩雑になりがちで、人事部門の負担になりますよね。そこで、人材管理システムの選び方のポイントをお伝えしていきますので、ぜひ参考にしてみてください。

採用管理できる人材管理システムを選ぶ

人材を採用する方法として大学生などの新卒採用と経験者などの中途採用があります。新卒採用はある程度は採用後の職種を想定するときもありますが、研修後に最終的に決めるケースが多く採用時には明確に分けない…

求人媒体と連携できる人材管理システムを選ぶ

社内に人事管理システムを導入し、求人媒体と連携することで、求人応募から採用後に至るまでの人材管理を一元化することを可能にします。人材管理システムでは、社内の人事労務管理全般をトータルで実践すること…

価格で人材管理システムを選ぶ

人材管理システムは、従業員の出勤状況や勤務成績、過去の経歴などを把握するうえで便利なツールとして普及しています。そうした中、価格にこだわって人材管理システムを選択したい場合には、多くの民間企業に導…

従業員のコンディションを管理できる人事管理システム

業務の割り振りを考える時に便利なシステムを取り入れよう

従業員のコンディションを管理できる人事管理システムは、日々の仕事の中で業務の割り振りを考える際に効果的に利用することができます。特に、長期休暇中の人や職場復帰をしたばかりの人が多い部署においては、個々の従業員の事情を考慮して仕事を進める必要があるため、できるだけ機能性の良い人事管理システムの導入を進めることがおすすめです。最近では、従業員の出勤の状況や仕事の成果などを一元的に確認できる人事管理システムに対する需要が高まっており、スムーズに事業計画を立てたり作業の進捗状況を把握したりするうえで欠かせないものとなっています。その他、人事管理システムの導入前に同業他社が採用している製品のメリットとデメリットを確認してみるのも良いでしょう。

若手社員のフォローアップに活用できるシステムもある

人事管理システムの利用目的は企業によって異なりますが、従業員の教育に熱心な企業の間では、若手社員のフォローアップのために導入をするところが少なくありません。例えば、専門的な技術や経験が必要となる職種は、若手社員が一人前に仕事を担当できるまでに長い期間が必要となることがあります。そこで、従業員の長期のキャリアップをサポートするため、人事部門の担当者が中心となって、早期に人事管理システムを使って教育計画を考えることがおすすめです。また、人事管理システムの使いやすさは、それぞれのシステムに搭載されている主な機能の種類によって大きく左右されるため、じっくりと評価の高い製品の特徴を確認することが大事です。